• ホーム
  • ロングからボリュームアップまでマツエクのメリットがあればデメリットはないのか

ロングからボリュームアップまでマツエクのメリットがあればデメリットはないのか

2020年01月12日
肌の問題を心配している女性

マツエクは簡単に目元のボリュームがアップできるため好まれており、ロングタイプで長いまつげが、ボリュームタイプでたっぷりのまつげが演出できます。そのほかにもたくさんの種類があり、カラータイプや羽のような華やかなものも少なくありません。
とはいえ、マツエクはメリットも大きいのですが、デメリットは無いのでしょうか。

マツエクのメリットは、プロにまつげを調整してもらえるという事です。例えば大きな目にしたい時はどうしたらいいか、色っぽい目元にしたい時はどうすればいいか、というようなことを相談出来ますし、プロにデザインをお願いする事も出来るでしょう。
ですが、その一方でプロの経験値によってかなり演出方法も変わってしまうというデメリットもあります。その人が経験豊富なスタイリストならともかく、そうではない場合は自分が思っていたのとは違うスタイルになってしまう可能性もあるでしょう。

もうひとつはどうしても外れてしまうという事です。まつげは普通にしていても抜けるものですが、さらにマツエクになるとそのエクステも抜けてしまうことが多くなります。一説には付けてもらってから2週間ほどで半分ほどのエクステが取れてしまうこともあるようです。
このため、ずっといい状態をキープするのが難しく、場合によっては2週間に1回程度か酔う必要が出てくるかもしれません。

また、マツエクの施術後は一定時間やってはいけないこともあります。
例えば施術後の6時間は洗顔が出来なかったり、24時間はお風呂やシャワーが禁止されていることは少なくありません。これは接着剤が固まったり安定しないためで、目元に負担を掛けないようにするためのものです。つけて数日は汗をかくようなスポーツは禁止とか、スチーマーや水泳など水分に触れさせるようなことは禁止という制限もあるため、スケジュール調整が比較的面倒になることも少なくありません。

そしてメイク落としなどに制限が出る場合もあり、比較的使い方が面倒なこともあります。
というのも、メイク落としや洗顔料などの中には、マツエクの接着剤との相性が悪い物もあるのです。ただのメイク落としなのに効果が強烈でエクステまで落としてしまう、なんてものも少なくありません。
このため、マツエクでもOKとしているメイク落としを使うしかないのです。そうなるとこれまで使っていたメイク落としが使えなくなったり、使いたいアイメイク落としが使えなくなるなどのデメリットもあるでしょう。

関連記事
まつげが切れたり短いならまつ毛育毛効果のあるルミガンがおすすめ

まつげは自分で育毛する事も出来るので、短いからといって簡単にまつげエクステなどに手を出すのは良くない場合もあります。まずは自分でまつげを育ててみるのも方法といえるでしょう。まつげ育毛剤にもいくつかありますが、そのひとつはルミガンという物があります。ルミガンとは液体の薬で、液体を綿棒につけたり、専用の...

2020年01月15日
バサバサになれるとギャルから噂のまつげ育毛剤を通販で手に入れよう

まつげ育毛剤については様々なタイプがありますが、最近のおすすめとしてはネット通販で購入することがおすすめです。実はネット通販はとてもおすすめで、まつげ育毛剤を買う時にはネットを利用するのはもはやマストといえるでしょう。ネット通販の中でも特に、ルミガンやケアプロストを売っているお店というのはかなり限ら...

2020年01月22日
ルミガンのジェネリック版となるコスパのよいケアプロストのまつ育効果とは

ルミガンだけではなく、そのジェネリックとなるケアプロストというまつげ育毛剤もあります。ケアプロストはルミガンのジェネリックなのですが、そもそもジェネリックという物の内容やその効果の違いなどはどういう点なのでしょうか。まず、ジェネリックとはとある薬の特許区が切れた後に販売される薬のことで、同じ成分が含...

2020年01月18日