鏡を見てスキンケアをする女性
鏡を見て肌を気にする女性

女子ならやっぱりモテは大事なものです。実はナチュラルなお化粧の方がモテやすいとか、トレンドを意識したメイクの方がやっぱりモテメイクに近いなど、モテるメイクの特徴は色々あります。
実はモテメイクは時代によっても変化します。今の時代ならどういうメイクが好ましいのか、どういうメイクがモテメイクなのかを意識して、トレンドメイクを意識したモテメイクをしましょう。アイメイクやお肌の演出方法などによって、かなり印象は変わってきます。

モテるお肌のコツはツヤ肌と血色感

まず、お肌についてです。日本人男性の場合、やっぱりきれいなお肌の方が好感度もアップする傾向がありますので、お肌については特に力を入れたいところでしょう。
基本的な事としてはニキビや肌荒れ、吹き出物、シミやそばかすなどが無いお肌が望ましいようです。ですが、目元口元のほくろなどはセクシーさを増すなど、場所によっては上手に演出する事も出来るかもしれません。

最も大事なポイントとしては、お肌にちょっとしたツヤ感を出すことです。ポイントとしては決して華やかすぎないような、上質で肌にトラブルがない事を示すようなツヤ感を狙いましょう。
テカテカし過ぎると逆に下品に見えるので、やりすぎるのは禁物です。出しすぎるとテカリのように見えてしまうこともありますので、上質なツヤ感があったり、肌の内側から発行しているようなツヤのあるお肌がいいでしょう。
とても美肌の人ならば何もしなくてもナチュラルな状態でツヤ肌になる人もいますが、基本的にはファンデーションやBBクリームなどでしっかりスキンケアをするのが望ましいのです。

もう一つは血色感のある肌です。血色感とはお肌に血が通った感じであり、これが無いと顔色が悪く見えたり体調が悪く見えるなど、見た目が悪くなる傾向があります。
血色感についてはチークで演出する方法もありますが、やはりベースメイクで演出する事も出来るでしょう。ベースメイクについては赤みや色味が自分に合ったものを選び、なおかつ肌の状態が良く見えるようなものを選ぶのがポイントです。
チークの場合は頬に色がある事を意識し、ほのかに赤くなったり健康的なピンク色などを目指すのが良いかもしれません。

最近ではチークはあえて不自然な、ちょっと病んだようなメイクが流行ったときもありました。ですが、病みメイクはモテからは若干遠くなる傾向がありますから、モテる女子になるためにはあまり好ましくない場合も多いのです。
モテを意識するならまず健康的でシミやくすみ、ニキビなどのない肌を意識し、そのうえでツヤ肌と血色感を意識したお肌を作り上げましょう。普段のスキンケアでも出来ますし、普段のベースメイクでも演出することは出来ます。

アイメイクはパッチリが基本、でも派手過ぎは禁物

アイメイクも色々な流行がありますが、目元はやはり色気があり華やかで顔の中でも最も目立つパーツです。このため、華やかにすることは大事な事ではありますが、同時にやりすぎると華やかになり過ぎて、けばくなったり、他のパーツやアイテムとの調整が取りづらくなる場合もあるでしょう。

この場合、アイメイクはまず目元を印象的に見せる事が基本となります。アイメイクは基本的に女性らしい目元を作り上げたいのか、それともゴージャスに見せたいのか、綺麗に見せたいのかによって手を書ける内容や手順が変わってきます。

とはいえ、基本的にはナチュラルなメイクを意識しましょう。特徴はアイシャドウが濃くなく、アイラインは細めなのが基本です。
気合を入れたいのはマスカラで、まつ毛がしっかり伸びていること、まつげがきれいにセパレートしていることなどが大事なポイントとなるでしょう。

また、下まぶたが膨らんでいる涙袋のブームはこのところ少しずつ穏やかになくなってきているようです。このため、下まぶたにボリューム感を持たせるメイクではなく、ナチュラルにしたいのならアイシャドウで少し色を付けるような選択肢をつけるといいようです。

もしゴージャスに見せたいのなら、アイシャドウにラメを入れたり、カラーアイライナーなどの色のついたメイクをするのも方法でしょう。アイラインを跳ね上げさせることで目元を印象的にしたり、カラーメイクをして印象的に見せるのも方法です。
キュートに見せたいのなら、アイシャドウをピンクにして、アイブロウやアイライナーなどはブラウンで統一しましょう。きつい・濃い色を使うとどうしてもきつく見えてしまうので、ピンクやブラウンなどのナチュラルなメイクを心がけるようにしてください。

その他にも、色々なメイクの方法があります。気をつけたいのは目元だけではなく口元のメイクも同じ程度に気合を入れる事でしょう。同じ程度に力を入れたり気合を入れる事で、目元だけ妙に華やかになってしまう、というような不自然さを防げます。出来ればリップカラーやグロスなども似たような雰囲気の物を使うことによって、バランスが取れるかもしれません。

記事一覧
乾燥肌対策に適しているのはコラーゲンやヒアルロン酸、食べ物で潤いをもたらす方法も 2020年05月17日

乾燥肌対策は外からのケアも出来ますが、内側からのケアも出来ない訳ではありません。実は乾燥肌になる人の場合、食べ物によって内側からのケアが出来る可能性もあります。この内側からのケアをインナーケアといい、美肌になりたい人は内側からのケアも積極的に行っています。乾燥肌の人のインナーケアの方法の一つが、コラ...

保湿ケアを一切止めてみるという荒技が肌断食で、その効果がスゴいらしい 2020年04月07日

もしあなたのお肌が何をやっても荒れてしまうというのなら、思い切って何もしない肌断食というのも方法です。肌断食とはその名の通り、肌に何もつけないというスキンケアの方法になります。やり方はとても簡単で、夜にメイク落としと洗顔で顔を洗った後、何もつけずに寝るというものです。この肌断食の効果は、肌が本来持つ...

まつげが切れたり短いならまつ毛育毛効果のあるルミガンがおすすめ 2020年01月15日

まつげは自分で育毛する事も出来るので、短いからといって簡単にまつげエクステなどに手を出すのは良くない場合もあります。まずは自分でまつげを育ててみるのも方法といえるでしょう。まつげ育毛剤にもいくつかありますが、そのひとつはルミガンという物があります。ルミガンとは液体の薬で、液体を綿棒につけたり、専用の...