世の中には悪質な業者が存在し、株式投資にも残念ながら悪質な業者がいます。もしあなたがターゲットにされても、このサイトを参考にすれば回避ができるはずです。

お知らせ
グラフ

投資は上手くいけば利益をもたらしてくれるものであるため、それを魅力と感じて取り組む人が非常に多いです。
ただこの投資という業界は詐欺の被害も非常に多くなっていますから、もし取り組み始めるのならば詐欺の被害に遭わないように心がけなくてはなりません。

では投資詐欺に引っ掛からないために注意すべき点としてはどういったことが挙げられるのかについてですが、まず間違いなく詐欺と言えるのが「絶対に利益が出ます」と言われた場合です。
基本的に投資において、絶対に利益が出るというものはありません。
どのようなものであっても利益が出る可能性があれば損失を出す可能性があるものですし、ましてや未公開株を買わないかなどの話が関係の無い個人にいきなり行くことは無いでしょう。
そもそも本当に儲かるならば勧誘をしている人が自分で投資をすれば良いのですから、もしそうした話が来たのであれば、まず間違いなく詐欺だと思って断るようにしてください。

また利回りが異常に高い話も怪しいと思った方が良いです。
具体的には年30%以上、月で2%以上ぐらいの水準ですが、このような水準を超える高利が付くと主張する話は嘘だと思って良いです。
加えてこうした配当が毎月発生するというのも極めて怪しく、最初は毎月配当が貰えても、それで気を良くして大きな金額を投資した際に全額を持ち逃げされることがあります。
この他には高額な紹介料を請求される、元本の保証があるといった法律で認められていないことを主張しているのも信じるべきではありません。
投資においてこういった美味い話というのはまずほぼあり得ないことですから、あまりにも話が良すぎると思った時にはまず疑ってかかりましょう。

もし口車に乗って投資信託をしてしまったのならその投資信託を解約してしまいましょう。
場合によっては弁護士への相談も視野に入れておきましょう。
もしくは痛い目を見ないように信頼のある新生ジャパンのような投資顧問を利用しておくのも手の1つでしょう。
その際は、投資顧問の比較サイトを参考に検討すればよいでしょう。

記事一覧
ペンで書く人

1910年代にアメリカの詐欺師であるポンジ・スキームが行った自転車操業による投資詐欺が今でも悪用され...